HOME

人の体は精神面により大きく左右されます。カウンセリングがいかに必要かは欧米においては認識が強く、我が国では二次的に考えられ余り重要視されない傾向にあります。当学会は、特に臨床においてカウンセリングがいかに重要かをエビデンスをもとに研究したいと考えます。

当学会の構成員は、全国医療カウンセラー協議会認定の医療カウンセラー、統合保健カウンセラー、総合医療カうンセラーで活性しています。

疾病を精神面からサポートします。
我が国は、カウンセリング、セラピー等が先進国の中では一番遅れているといえます。第二次世界大戦が精神論で戦争に突入した苦い経験が尾を引き、物理的医療面に頼りすぎ患者の精神面は二の次とされてきた実情が存在します。しかし、戦後70年を過ぎ、医療は物理的医療だけではどうすることもできない疾病の現実があることを知りつつあります。肉体的疾病も精神的疾患や問題で発症し又は悪性化することが少なくありません。これからの医療は、物理的医療を中心として、それに重ねて精神的治療も行わなければならない時代が来ました。 私たち、医療カウンセラーは、患者の物差しと立場で考え、患者と共に幸福追求をしたいと考えます。


Japan Society of Clinical Medical Counseling
日本臨床医療カウンセリング学会
東京都町田市中町4-11-9アピア中町205
E-mail:counselor〇〇〇iryo.or.jp (〇〇〇をアットマークに変えて送信下さい。)



全国医療カウンセラー協議会加盟

全国医療カウンセラー協議会は、日本医療福祉学会、日本保健医療学会、日本未病研究学会が幹事団体で結成され、医療カウンセラー、統合保健カウンセラー、総合医療カウンセラーを養成し、認定しています。
医療におけるカウンセラーは、近代西洋医学に対して補充的又は補完的な地位にあり我が国にあっては特に重要な地位を占めていないのが現実である。同協議会は、カウンセラーの実践教育団体としてカウンセリングの確立、新たなカウンセリングの在り方を模索しています。物理的治療方法を中心とする近代医学に対して、それと両輪の輪として精神医療を超えた臨床あるいは医学の体系を構築するために当学会と共に活動を展開します。



先端統合保健科学研究所は、先端保健科学と伝統未病管理を統合した統合保健科学体系を推進します。近代保健科学と伝統保健管理いわゆる未病管理とを統合した保健科学こそこれからの保健科学と考えます。迷信を排しエビデンスに基づく統合保健科学こそこれからの保健科学と考えます。全国色湯カウンセラー協議会認定の統合保健カウンセラーにより結成されている研究所です。


健康日本21(第二次)
国民の健康増進の総合的な推進を図るための基本的方針



統合医療研究センター
一般財団法人東京総合研究機構の付属機関として設立されました。